癌治療

画像3.png
2013年9月に受けた地域の集団検診…10月頃だったか、はっきりは覚えて無いけど集団検診の結果が送って来た。
それによると、どこの病院でも良いから精密検査を受けてくださいと紹介状を入れた封筒が届いた…が…何かの間違いだろうと無視していたら、12月に入って再度紹介状が届いた…そこで、面倒くさいな~と思いつつ、何か有ったらいけないから、年明けたら行ってみるか~と…2014年1月7日に近くの総合病院へ、胸部X線とCTスキャンを受けてみて分かった…。
診察室でCTスキャンの写真を見て一目瞭然…先生の説明なんかも要らないくらいの衝撃的な結果が…肺に約2センチの陰がはっきりと映されていた…。
素人目にもわかる肺がんの陰…。
先生は此処が何か分かりませんけど、ちょっと調べてみましょうかね…と言う事で後日の検査入院が決定…。
これは明らかに癌だからと…それまで吸っていたタバコを辞めなきゃならない…しかしながら、最後に一本だけ吸いたいと、車の中を探したら偶然にも1本だけ残って居た…もし残って居なかったら後ひと箱買ってでも、1本吸ってその場で煙草もライターも捨てようと決心していたのだが偶然残って居た1本の煙草を病院の駐車場で火が消えるまで吸って帰宅…。

自宅へ帰ったら家内がどうだったのと聞いて来た…。
残念ながら…困ったことに成った…癌が見つかった…。
余命3カ月だってと大げさには言ったけど…。
その場では、何を言ってるんだと冗談言っているくらいに思って居たようだ…。

4~5日して、最近灰皿が汚れて無いけど何でと聞かれて…うん…辞めた…。
これで吸ったら阿保だろうから…死にたく無いから辞めた…。
さらっと言うから、これまた信じて貰えない…。
受け入れて貰えるのに数日間…。

そして、2014年1月31日に手術を受けた右上葉の小細胞肺癌摘出手術…手術前に説明は受けて居たものの、それがどう言うものかは把握できないで居たのだが2020年8月に受けた、定期検査の時に、先生にはっきり言われて驚いてしまいました。

実は、あなたの肺癌は小細胞肺癌で再発、転移がしやすくて、しかも進行が早いから、根治はしないと言われています。
でも、おかしいですね~、その時は、先生も首を傾げながら説明をしてくれました。
その時は、この先生、何を言って居るのだろう…先生が患者に直接、何でまだ生きて居るの…?。
と、言わんばかりの話に気を悪くして帰ったのだが、2021年1月26日に受けた、今回の検査では、手術から5年間再発しなければ良いですよとは言われていて、5年目くらいに何だか妖しい影が出てきた為に、もう少し様子を見ましょうとの事でまだ検査は続けて来たけど、今回の検査でも変化無し、もう7年に成るから、もう再発も転移も無いものと思われます。
それで、8月に、もう1回見せて貰ってそれで終わりにしましょうかと言う事に~。
そこで、また私ながらに言われた事を思い出して、そうだったのか~…手術して抗がん剤を投与しての約半年間の入退院の繰り返しの後は何も治療は無い侭に定期的に検査だけを繰り返して7年…再発も転移もない侭に現在に至ったのは脅威だったのかもしれない。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント